この4コマについて

 実験室や野外調査での様々な出来事を4コマにしてみました。
 登場人物はフィクションですが、水産学修士の作者が、実話を元に再構成しています。
 基本はお気楽ですが、エビが専門の「蛯原先生」と学生達が、標本の取り扱いや新種記載、飼育実験等に、日夜奮闘する様を描いて行く予定です。
 のんびりお楽しみ頂ければ幸いです。
  →第01話から読む/お話別 →目次 


posted by おさんぽ@水際 at 2011年3月吉日

2012年02月16日

第37話|ハカセを応援!

 4コマがA河川調査突撃編に入ったばかりですが、
先日、このブログとも相互リンクをさせて頂いております『研究者マンガ「ハカセといふ生物」』が、書籍出版されましたので、その記念に番外更新です。遅ればせながら、先日やっと手に入れました!


hakase1.jpg


 カラーじゃなくてすみません〜。(しかも鉛筆です(爆))
 著者の実さん&立花さんにお会いした事はありませんが、Twitterでの言動や、ブログを見ていると、「普段は多分サービス精神旺盛な恥ずかしがり屋さん」なんじゃないかと勝手に思っております。しかし、メタボな柿生さんにお弁当を用意するヒメちゃん凄い!偉い!きっと縁の下の力持ち!

 分野こそ違いますが、生物系の研究室にまつわる4コマと言う事で、個人的には「あるある」ネタが満載でした。
ブログで公開されていない描きおろしの部分も沢山ありますので、研究や理系のハカセの生活に興味のある方は迷わず手に取ってご覧になる事をお勧めいたします。

研究者マンガ「ハカセといふ生物」のブログ


 思いつきで、博士の卵「博士課程」応援4コマ


37.jpg


 汀さんは、博士課程にいた先輩方を数名ミックスして、細身イケメンにしてみたキャラクターです(何人もいらっしゃるので、単純にミックスするとイメージが一人になりません(^^;)。
研究室に所属したばかりの学部生だった頃、学会に出て論文もバリバリ書いている先輩方は、自分と同じ人間とは思えないとてもスゴイ人に見えました(実際尊敬出来る方々だったと、今も思っています)。まして、博士号持ちなんか、雲の上の人です。
その後、意を決して進学した私が知ったのは、博士課程の学生も、学部生だった自分たちの延長戦上にある事、博士号の取得は通過点の一つにすぎない事、人生は研究は果てしなく続く修行の道である事、と言うと言い過ぎでしょうか。

 ちなみに私は博士課程中途退学。恩師が「単位取得満期退学って言おうよ」と仰ったのですが、途中で休学して進路変更する準備をしていたので、満期じゃないんです先生(苦笑)
博士中退や、単位取得退学は、実はそれ程珍しい話ではありません。
その辺りは、きっとハカセがそのうち4コマで解説してくれると思います(笑)



にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
 
 
posted by おさんぽ@水際 at 12:12| Comment(0) | 4コマ

2012年02月08日

第36話|河川調査へGO!

36.jpg


 ここからしばらく河川調査フィールド編です。
なんとなく教授というと、ふんぞり返っていて、学生や一般の方が想像する「助手」をこき使って実験したり、調査したりしている印象がある方も多いかと思いますが、
生き物の生態を調べるために野外調査を行っている日本の研究者は、むしろどんどん動く方が多い様に思います。
中には、素で「学生に荷物を持ってもらおうなんて思いつかない」先生もいらっしゃるので、手下としてはスタートダッシュが大事。



にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
 
 
posted by おさんぽ@水際 at 19:41| Comment(0) | 4コマ

2012年01月15日

第35話|ダーウィンに捧ぐ!?

 長崎ガラパゴス愛好者有志の会主催「ガラパゴス写真展」開催記念。


35.jpg


 先日、地元で開催されたガラパゴス写真展に、最終日の滑り込みで行って来ました。
運よく伊藤先生自らのご説明を聴く事も出来、地球と生き物の歴史、人間と自然の関わりについて思いを馳せた3時間でした。
あの島では、人間の方が外来種ですね・・・。

 しかし、大陸から約1000キロも離れたガラパゴスに、大陸側に分布するアメリカテナガエビがいたのはびっくりでした。
大陸からガラパゴス諸島側に流れる海流が思いの他速いので、ざっと概算だけど、南米大陸で放出されたゾエアが十数日で到達出来そうな感じだそうです。
それなら、小卵型テナガエビ類なら、着底までに余裕でたどり着けそうですね。

蛯原先生が、どうして新種記載に乗り気でないのか、は、この辺りから↓
・「第08話|新種かも」
http://mizugiwalab4.sblo.jp/article/43903683.html

ガラパゴス写真展は終了しましたが、貴重な写真の一部は、ネットでも閲覧できます。
「ガラパゴス諸島画像データベース」(長崎大学付属図書館)
http://gallery.lb.nagasaki-u.ac.jp/galapagos/

↓ランキング参加中です。

にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
 
 
posted by おさんぽ@水際 at 18:38| Comment(2) | 4コマ