2011年04月07日

思い出

東日本大震災で被災した方々には、心からお見舞い申し上げます。

被災地から遠い地にいる私には、たいした力はありませんが、せめて出来る範囲で募金をし、元気にいつも通りの生活を送る事で日本経済を盛り立てることに微力ながら貢献したいと思っています。

思い返せば昔、初めて全国規模の学会で発表したのは、岩手大でした。
毎年春にある大会が、その年だけは、晩夏の8月開催。
春の岩手はまだ雪に閉ざされているから、という理由で、九州生まれ九州育ちの私には、それだけでとても神秘的な土地という気がしました。(宮沢賢治が好きなせいもあるのですけど)

けれど必然的に真夏に発表準備をすることになり、PCが1日に何度も熱暴走するわ、研究室に泊まったら、同期が寝袋にネタを仕込むわで、思い出深い大会です。(しかも、肝心の大会開催中は発表で頭が一杯で、ほとんど何も覚えていないという・・・)


omake1104071.jpg


 ツイッターでフォローさせて頂いている方の中にも、岩手や茨城の方がいらっしゃいます。
今はどうか休めるならゆっくりお休み下さい。頑張るのは、被災してない私達がすべき事だと思います。
どうか皆様が一日も早く「いつもの日常の生活」に戻れます様、お祈り申し上げます。
posted by おさんぽ@水際 at 17:19| Comment(0) | 日記