2011年05月30日

雑記|タイプ消失


 本日ふいに、次の記事が目に入りました。

「貴重な新種含む昆虫標本6万点焼失…長野(読売新聞)」
昆虫研究家のご自宅で、タイプ標本が8点含む大量の貴重な標本が消失したとのこと。

//以下引用−−

 永井さんは甲虫類を中心に250種以上の新種や亜種を命名。焼けた中には、自分が命名した「モロンシロカブト」(メキシコ産)や「エンドウゴホンツノカブト」(ベトナム産)など新種特定の基にした「タイプ標本」が8種ほど含まれていた。命名前の新種とみられる国内外のカブトムシの標本も約100種あったという。

 図鑑に収録予定だった約800種の約2割は、まだ写真撮影をしていなかった。

                         −−引用ここまで//

研究家ご本人が新種記載に携わってきた分類学者である事を思うと、ご本人の心痛いかばかりかと思います。タイプの消失がどれ程のダメージか、身に染みて判っているはず。

この4コマブログでも時々簡単に書いてきましたが、日本に生息する魚類・甲殻類のうち、かなり多くの種のタイプ標本はオランダのライデン博物館で大事に保管されています。

「どうしてタイプが日本に無いんだ!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は分類学上の事情から言えば、「タイプがライデン博物館にある」と判っていて、実際にちゃんとした状態で保管されている分、かなりマシな方だという話を複数の研究者から以前聞いた事がありました。

上のニュースの様に個人所蔵の標本が火災等によって焼失する他、戦時中の行方不明、管理不行き届きによる破損・行方不明等、実際にはタイプ自体が失われている場合も結構あります。
(戦時中ヨーロッパで、タイプ標本を守るために博物館の標本百本以上を防空壕に避難させた逸話等もあったように思いますが、現在うろ覚え発動中です。)

もちろん、本来タイプ標本は大きな博物館等できちんと管理される事が望ましいのですが、標本の種類と博物館側の設備等の関係で、難しい場合もあります。

お世話になった先生も大学でタイプ標本を複数保管していましたが、ご自身の退官後、それを今後どこで保管してもらうか、一時期はかなり悩んでいらっしゃった様でした。(最終的には、国内の信頼の置ける学芸員さんがいらっしゃる大きな博物館に譲渡したと聞いています。以前ちょっと触れましたが、標本の保管は「置いている」だけではだめで、空調他気をつけなければならない条件が色々あるそうです)

標本の痛みが激しかったり、消失しているせいで、どんなに苦労をするのか、いつか4コマで扱いたいとは思っていましたが、ショックなニュースでしたので取り急ぎコメントしてみました。

ニュースの研究家さんも、図鑑の執筆は、かなり大変でしょうね。
けれど、逃げないところに研究家としてのプライドを感じます。
どうか無事成し遂げられますよう、ネットの片隅からお祈りいたします。


にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
 
posted by おさんぽ@水際 at 11:26| Comment(4) | 雑記

2011年05月26日

第26話|過去の文献

 A河川生物相調査シリーズ継続中です。時間の都合上グレイスケール(汗)


26.jpg


※ファウナ・ヤポニカ:日本動物誌 


 言葉の壁再び。例え地元の川であっても、油断は禁物。ええい!シーボルトめ!大量に標本を持ち帰りおって!
シーボルトが持ち帰った様々な標本を元に、沢山の生き物についてヨーロッパで新種記載が行われました。現在そのタイプ標本の多くは、オランダのライデン博物館に所蔵されています。

蛯原先生達が今から調べようとしているのは「A河川に現在どんな生き物が棲んでいるか」ですが、チェックする文献は、分布に関する論文だけとは限りません。

例えば、生態の研究でなくとも、「卵巣の組織について研究する際、A河川産のカニを使いました」という論文の記述は、「少なくともその研究の当時は、A河川にカニがいた」を裏付ける証拠となります。


↓気が向いたら、お好きな方でクリックお願いします(^^)

にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
 
posted by おさんぽ@水際 at 19:20| Comment(2) | 4コマ

2011年05月09日

番外編|夜間の採集

 皆様、GWはいかがお過ごしだったのでしょうか? 私は家人が仕事だったので、子ども達が遊んでいるのを尻目に、家でゆっくり大掃除&資料の整理等をしていたらあっという間に終わってしまいました。なのに体力が無くなって蕁麻疹とはどういうことか・・・。(どうみても運動不足です。最近運動をサボってました。)

新作のネタは貯めてるのですけど、ただいまお仕事用優先で動いておりますので、とりあえず今回は大昔練習用に描いた採集4コマを。本サイトでも公開しておりましたが、何せコンテンツの隅っこに埋もれておりますので(^^A


saisyu.jpg


 冬の大潮は、夜中にしか干潟が出るほど潮が引いてくれません。しかも、時期によっては満月よりも潮が引く新月に作業をするので、月明かりも無く本気で真っ暗です。怖がりの私は、とりあえずクルマエビを観察しておのれをごまかしました(笑)

学生当時は調査の度に何人かでグループを組み、夕方までに準備→晩御飯の後早めに仮眠→夜0時半頃起床フィールドへ→明け方戻ってきて後片付け→お風呂&夜食→朝8時頃まで寝る ・・・というスケジュールでした。しんどかったはずなのですが、不思議と楽しかった事しか覚えていません。

 上記文章の一部に伝わりづらい個所があったので、表現を修正しました。私が行っていたフィールドで、新月にしか調査ができなくなるのっていつ頃だったろう?と調べて直してみたら、去年の暦で11月下旬だったようです。冬場は指の感覚も正直無くなります。(2011年5月14日追記)


↓気が向いたら、お好きな方でクリックお願いします(^^)

にほんブログ村 科学ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
 

posted by おさんぽ@水際 at 10:56| Comment(0) | 4コマ